整体セミナーで勉強できること

>

整体師とはどんな職業?

整体師になるまでの流れ

整体師は取得し負ければならない資格というものはありません。
しかし、適切に整体を行うには、知識や技術は習得しておかなければなりません。
整体に関係する知識や技術は、専門のセミナーやスクールで勉強します。
必ず、セミナーやスクールで勉強する必要はなく、独学で整体の勉強をして整体師になることもできます。

セミナーやスクールで、整体師としての知識や技術を身に付けられたら、整体院やサロンで整体師として働くのが整体師になるまでの一般的な流れになります。
整体師として雇われるだけではなく、整体院やサロンを開業することもできます。
しかし、いきなり開業する人は少なく、まず、整体院やサロンで働いて、経験を積んでから開業する人が多いです。

整体師に関係する資格

整体師として働くのに必要という資格はありませんが、整体に関係する資格はあります。

資格を取得していると、整体の知識や技術を身に付けていることの証明になります。
なので、資格を取得している方が、就職の際に有利に働きます。

整体に関係する国家資格は、柔道整復師とあん摩マッサージ指圧師、鍼灸師の三つになります。
この国家資格を取得していると、お店の名前に整骨、接骨、マッサージの文言を使用できます。
この二つの資格を取得するには、専門学校で三年間勉強をして、国家試験に受からなければなりません。

整体に関係する民間の資格は、数多くあります。
民間の資格を取得する際には、主催している団体の歴史や規模、技術の信頼性が高い資格を選ぶ方が良いです。


この記事をシェアする
B!